Howlin' Monkeysは今日も叫んでる

hlmks.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 03日

いい事ばかりはありゃしない。


こんばんわ。

ゴールデンウィーク突入と言うことで、

連休の方は羽を伸ばして日々の疲れとストレスをブギャーと空まで飛ばしちゃってください。

ごめんなさい、5月のスケジュールはしばしお待ちを。


Howlin' Monkeysは明日から多摩センターでの大規模なお祭りで出店させていただきます。

自分にとっては中々大きな規模のため、もちろんリスクも大きく、立ち向かおうとする気持ちと、

不安や心配が交差しまくっています。

でもやるしかねぇ。前に進むしかねぇ。


しかしそんな準備で忙しい合間を縫って今日はリキッドルームでtha blue herbのライブを観て来ました。

やっぱりヤバかったな~! 深~い。

音と言葉で埋め尽くされて立ちすくむだけでした。

自分の周りにいた人が2人気絶してました。笑

飛びすぎだってば。

何でも程ほどに!!ってことで。



そんな最高のライブの余韻に浸る暇なく

帰りに携帯のニュースで忌野清志郎が亡くなったニュースを知りました。

さすがに落ち込む。


高校生の時に初めてRCサクセションを聴きました。

トランジスタラジオの歌う風景を自分に重ねていた思い出があります。

振られたときは「いい事ばかりありゃしない」と自分を慰めたり。

タイマーズ聴いて、ロックって何歌ってもいいんだ!と知ったり。

そんな思い出はともかく、

忌野清志郎のロックに向かう姿勢が心に響きました。

たまに僕がギターを弾くときは今でも清志郎の歌う歌を歌ったりしています。

強くてやさしいから。

耳の中であのシャウトが響くときは僕はロックに憧れる少年のままです。

この世からいなくなってもずっと好きです、ずっと憧れています。



ロックもパンクもヒップホップもどれも形じゃなく姿勢、生き方だと思います。

この不条理だらけの世の中をいかにおもしろく、正しく生きていけるかっていう。


豚インフルエンザってそんなに大切なこと?他に何か伝えるべきことあるんじゃないでしょうか。

今は報道しなくなったけど、中国のチベット弾圧は今も続いているようです。


人間、身体は無くなっても姿勢、生き方は人々の記憶の中に残ります。

清志郎のロックンロールに向かう姿勢がずっとずっと世の中に受け継がれていくことを願います。


やっぱり今夜も「いい事ばかりはありゃしない」を聴きながら寝ます。
[PR]

by howling-monkeys | 2009-05-03 02:35 | one day


<< 5月のスケジュール      お知らせ。 >>